SONY MDR-EX31BNの設定(まとめ記事)

MDR-EX31BNの紹介記事

今朝紹介した
MDR-EX31BNですけど
マニュアルではわかりづらい
細かい設定方法がネット上にあるんですけど
コレ、見るのも結構大変なので
まとめておくことにしました

まあ
コレから買う方の参考になると思いますし
私が忘れたときに見直す意味も込めて
記事を書いていきたいと思います

1 ガラケーと接続する

これですけど、
iPhone5Sは一発でペアリングできたんですけど
ガラケーがね、全然ダメだったんですよ
何でかなーと思ったら、マニュアルに載ってました

「パワーボタンを7秒押し続けて
青と赤のランプが交互に点滅してるのが
ペアリングモードで、そこからガラケーの
Bluetoothから「新規接続」で探すと見つかる」

(パスキーは0000です)

7秒です。7秒。
別のページには「2秒」という表示があるので
コレと勘違いします。気をつけてください

2 AIノイズキャンセリングを使う

コレを使うと、3モードの中から自動で
適切なノイズキャンセリングを選ぶことができます
モードは次の通りです

モードA 中低域の音を多く含む騒音に適しています
     一般的なノイズが多い環境に効果的です

モードB 超低域の音を多く含む騒音に適しています
     主にバス・電車の騒音に効果的です

モードC 比較的静かで広い帯域の騒音に適しています
     主にオフィス・OA機器などの騒音に効果的です

こんな感じです。すばらしいですよね。
コレが自動で切り替えられるので非常に便利です
AIノイズキャンセリングの使用方法は

「電源が入っている状態で
ノイズキャンセリングスイッチを「AI NC 」側に押すと
周囲の環境音の解析が始まります
解析中はヘッドホンから聞こえる再生中の音楽の音量が下がり
ランプが点滅します
解析が終わると、周囲の環境にもっとも効果的な
ノイズキャンセリングモードへ自動的に切り替わり
再生音量が元に戻ります」

いやー、すばらしい
ポイントは
「実際に使う環境に移動した後で
ノイズキャンセリングスイッチをAI NC側に押す」
ということです
これで、イヤホンの外側に穴があいてるんですけど
ここから環境音を聞き取って解析を始めます
本当に低音のノイズが無音になるんです
ビックリします

3 音質を調整する

デフォルトの音質設定は
標準モード(SBCの高音質モード)というものですけど
コレね、あまり音質良くないんですよ
んでね
AACやaptXに対応したBluetooth機器に接続するときは
別途設定が必要です
この「AAC」とか「aptX」とかよくわからないんですけど
音質設定をしたら、劇的に音質良くなったので
iPhone5Sはこの何とかってヤツに対応していることになりますね
この設定は紙の説明書には書いておりません
ヘルプガイドにしかないので、備忘録として載せておきます

「音質優先モードにするには
VOL+ボタンを押しながら
パワーボタンを2秒以上押して電源を入れます
ランプ(青)の点滅が3回であれば音質優先モードです」

こんな感じですね
コレ、メッチャ大事な設定なので、
紙に書いておいた方がいいんじゃないかと思うんですけど
なぜかありません
本当に、コレで劇的に音質変わりますので
たとえば、
自分のスマホつないで音質テストをやるとき
家電量販店等では「標準モード」になってるはずなので
それだと、「ちょっと残念な音質」にしかなりません
コレを試してみるときは、コレ覚えておいて
んで、試してみてください
Bluetoothイヤホンとは思えない音質の良さを発揮します

ちなみに
「AAC」とか「aptX」とかに対応していないと
全てがパーですので、そこ注意です

4 ガラケーで発信して、イヤホンに呼び出し音が聞こえないとき

コレ、私の状況なんですけど
待ち受けで、かかってきたときは
ちゃんとイヤホンに呼び出し音が聞こえるんですけど
ガラケーで発信したときは自動でMDR-EX31BNに
音声が切り替わらないんですよ

ガラケーを操作して切り替えることはできるんですけど
イチイチコレやるの面倒だなーと思っていたら
ありました、やり方。載せておきます

「ガラケーで発信した後、パワーを2秒押す」

これで
ガラケーの音がイヤホンから聞こえるようになります
自動でつながるガラケーもあるようですが
私のN-04Bはダメでした。
いちいちガラケーから操作しないといけないと思ったんですが
コレでいけます。楽勝です

というわけで
長々とお送りしてきましたが
この設定を知っていれば
バッチリMDR-EX31BNを使いこなせます
ぜひ
家電量販店でそのすばらしい音質を試してみてください
そして
アナタもTeamBluetooth
そして、TeamSONYへどうぞ
いつでもお待ちしておりますよ

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索