【追記】SNS Count Cache、0.9.3betaにバージョンアップし、Facebookのシェア数取得仕様変更に対応!シェア数取得はコツがあるぞ!

2390914273_9b1ee4ee61_z

この記事は、2016年8月21日に公開した記事を追記したものです

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

スポンサーリンク

8月22日、SNS Count Cacheの作者の方のブログを見て、最新バージョンを確認!

[試] WordPressプラグイン SNS Count Cache(Ver. 0.9.3 beta)の臨時公開
WordPressプラグイン SNS Count Cache(Ver. 0.9.3 beta)の臨時公開のお知らせです。²バージョンのため、WordPress公式プラグインディレクトリには公開していません。当サイトからダウンロードする必要があります。

↑ここで紹介されてますが、やっぱり僕の状況の通り、ウマくFacebookのシェア数がカウントされない状況があるようです

今回は、正式版ではありませんが、ベータ版として、0.9.3が公開されてます。ダウンロードして使ってみても良いですが、ベータ版なので、自己責任となります!

Facebookの仕様変更により、シェア数を獲得するのにはコツがあった

ブログの内容からですが、次のようなポイントがあります

・設定→シェア基本キャッシュ機能→シェア数のチェック間隔(秒)の値を増やす(チェック間隔をひろげる)

・設定→シェア基本キャッシュ機能→一度にチェックするコンテンツ数の値を減らす

・HTTPからHTTPSへのスキーム移行モードを有効にしている場合は、設定→シェア基本キャッシュ機能→HTTPからHTTPSへのスキーム移行日を設定する

だそうです

要するに「ガンガンシェアを見に行く」設定だと、なんか引っかかって取得できないらしいです。僕もかなりガンガン取得しに行く設定にしていたので、Facebookのシェア数が出てこなくて悩んでたら「やり過ぎ良くない」ってことなんですね。なるほどー

っつーワケで、正式版のSNS Count Cache0.9.3が出るまではベータ版で我慢するか、0.9.2で取得の感覚、量を減らすかが必要ですね。まあ、デフォルトで行きましょう!

ここから下は、2016年8月21日の内容です

昨日、思いっきりカスタマイズをするきっかけとなった「Facebookのシェア数取得仕様変更」ですけど、先ほど、WordPressの管理画面から、SNS Count Cacheの更新が来まして、0.9.2のバージョンでFacebookのシェア数が取得できるようになっております

一旦無効化されます

僕だけかも知れませんが、管理画面からSNS Count Cacheが消えて、アレ?と思ったら無効化されてました

ひょっとすると、アップデートすると無効化されてしまうのかも知れませんので、注意して、もう一度有効化してください

有効化すると、勝手にキャッシュが再開され、Facebookがみるみる取得されていくはずが、1日放置したら、されてなかった

なんかよくわかりませんが、Facebook取得されてません。

だから、放置することにしました。ウチはシェア数表示してないので、別にどうって事はありません

SNS Count Cacheは、bufferによる「オススメ過去記事」を選ぶ時に使うので、無駄じゃ無いのよ。ただ「すぐにFacebookのシェアを表示してえんだよ!」って人は、Simplicity独自のシェア取得方法でやってください

毎日、7時、12時、21時に流している「オススメ過去記事」ですけど、Twitter、Facebookでかなり好評です。これ、SNS Count Cacheを使ってシェア数を見て、手動でどの記事出すか決めてるんですよ

だから、総シェア数は表示してませんが、10〜15シェアくらいの「シェア付き始めた良記事ライクなヤツ」をbufferで流すことにしているので、無駄では無いです。SNS Count Cacheは使います

ですので、皆さんもぜひ使ってみてくださいね

ただ、8月22日朝時点で、Facebook、取得されてません。ですから、取得して、表示したい方は、Simplicityをアップデートすると幸せになれます

カスタマイズしている時は、SNS Count Cacheから取得するコードを修正すると良いと思います!頑張ろう!

SNS Count CacheのアップデートはWordPress管理画面からダッシュボード→更新でイケるのでやってみてね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索