SimplicityでCFilteringを使うには、PHPのバージョンが5.4以上じゃないと動かない件(Xサーバーでは、5.6.22にしたらウマくいった)

PAK145152451

こんにちは。Simplicity大好きの部長ナビ(@nabi_1080)です

スポンサーリンク

わいひらさんが紹介していた「関連記事を賢く表示するプラグイン」CFilteringがうまく作動しないんだけど、裏で動いていると信じていた

Simplicityでより精度の高い関連記事を表示するカスタマイズ方法
Simplicityの本文下には、関連記事が表示されています。 ただ、この関連記事は、アルゴリズム的に言えば、以下のような挙動になっています。 同一のカテゴリの中から指定した数だけランダムで関連記事を表示する これだと、「同一のカテゴ

↑これですね

わいひらさんがいうんだから、間違いないだろうということで、即インストールしましたが、紹介記事にある「レコメンデーション」ってのが、記事投稿一覧で出ない

アレ?なんで?

って思っていたんだけど、Simplicityも最新版にしたし、多分大丈夫なんだろうなとかって思っていました

表示されてないだけで、裏で動いているんだろうと思っていたんですね

今日(10月2日)、最新バージョンにCFilteringをアップデートしたら、投稿画面で驚くべき表示が!「PHPのバージョンが5.4以上じゃないので、動きません」ってなんだよ!

投稿一覧画面で、相変わらず表示されない「レコメンデーション」

おかしいなぁと思ってよく見ると「PHPのバージョンが5.4以上じゃないので、実行できません」の文字が

ハァ?

PHPのバージョンってなんだよ!

って思って、ググって調べて、とりあえず、XサーバーにGO!

Xサーバーにログイン!「インフォパネル」に入って、その後「サーバーパネル」に行き「PHP Ver.切替」をクリック!

Xサーバーの「サーバーパネル」に行ったらありました

「PHP Ver.切替」ってあった。それをクリックすると、何と、今、僕のPHPのバージョンが「5.3」であることが判明。しかも「非推奨」とか書いてあるし!オイ!なんだよコレ!

感じたこと1「PHPのバージョンは自分で切り替える」

コレ、間違いないですね。

勝手にバージョンアップすると信じていましたが、自分でやるようです

ちゃんと定期的に見ろってことですね。だって、「非推奨」って書いてある5.3で動いてたわけですから、推奨バージョンには自分で上げなさいってことですな

感じたこと2「推奨は最新バージョンではない」

最新は「7.0.7」でしたが、コレだと動かないプラグインが出てくるようで、非推奨でした。注意書きが書いてありましたので、やめておきました

感じたこと3「半年に1回くらいは覗いて、推奨バージョンにする必要がある

僕がさっき見たら推奨バージョンは「5.6.22」。CFilteringが動く「5.4以上」を満たしています

そして、サーバーパネルには「推奨」の文字が

今すぐ、あなたも、サーバーパネルにアクセスして、PHPのバージョンを調べた方が良いと思います

感じたこと4「多分、最新バージョンが推奨と限らないから、自動適用じゃない」

今回わかったことは、最新バージョンは「ウェブサイトにアクセスできなくなる可能性がある」と書いてあること。即ち「最新バージョンは推奨じゃない」ってことです

だから、どのバージョンが推奨かってのもあると思うので、自動での最新バージョン適用という感じではないのだと感じました

自分で適用させる必要のあるPHP(だから、切替ってメニューがあるんだと思う)、しっかり推奨のバージョンを確認しておきましょう

結論「PHPのバージョンが古いと「レコメンデーション」が表示されず、全くデータがたまってなかった」

ええ。そうです

さっきから、データ集め始めてます。結局、動いてなかったんですね。まあ、そうだ。レコメンデーションが表示されなくて、おかしいと思っていたんですよね

PHPのバージョンとは・・・。全く知りませんでした。勉強になるなぁ・・・

逆に言うと、CFilteringの件がなければ、PHPのバージョンなんて見なかったので、導入して良かったです

これからデータがたまって、関連記事の表示がより賢くなるはずなので、さらなる回遊率アップに期待したいところですね〜

あなたのPHP、バージョン大丈夫ですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索