するぷろ for iPadでMarkdownが有効だとpタグが入らないことを君は知っているか


先日、iPad Pro 9.7インチ+Smart Keyboardでするぷろを使ってブログを更新することを試しました

↑こういうリンクを貼るのは、するぷろーらで非常に簡単にできます

問題は、公式ヘルプに書いてあるpタグ(段落タグ)が入っていないということです

上のリンク先の記事を見ればわかる通り、「行が詰まっている」のがわかると思います

するぷろは非常に優秀なブログエディタで、普通に改行をするだけでアップロード時に改行部分に自動でpタグが入るという神仕様です

しかし、上のリンク記事では、pタグ挿入時に見られる「改行すると、ちょっと行間が空く」という状況がありません。

すべての行が詰まっているので、ちょっと見づらいんですよね

これ、なんでなのかなぁと思って調べたらたくさん記事が出ていました

スポンサーリンク

Markdownを有効にしているとpタグは入らない仕様

簡単に記事を書けるというMarkdownというものがあるらしいです

私はよくわかりませんので、これについての説明は省きますが、これが有効になっていると、記事をアップした時にpタグが入らないという仕様のようです

で、確認したら、Markdown、有効になってました

っつーことで、今は無効にして、するぷろで、iPad Pro 9.7インチで打ってます

Smart Keyboardあるので、ムチャクチャ快適に打てますけど、やっぱり、写真の処理を考えるとMacBookの方が早いっすな。ま、これは仕方のないことです

でも、pタグがちゃんと入れば見やすい記事を短時間で書けるので、省スペースで高性能なiPad Pro 9.7インチを使うことは非常にナイスだと思います

果たして、Markdown無効でpタグは挿入されるのか?

これでアップすればわかります

改行した時に絶妙な隙間ができていれば、pタグが入ったということになります

頼む!なんとかpタグ入ってくれ〜

Posted from するぷろ for iPad

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索