2016年11月、辛くて、大変だったけど、そこには、仲間がいた〜僕のブログ運営は一人じゃないから〜

SAYA160312140I9A3606

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

スポンサーリンク

2016年11月、スゲー大変だったけど、改めて「一人じゃない」って思った

このブログは「素人運営の趣味ブログ」なわけですが、立ち止まることも多くありました

その時に支えてくれたのは、g.O.R.iさん、よーたくん、スタッフ(たけP、ひこP、おこP、カメ仙人、うりP、マネさん)、そして、読者の皆さんでした

僕は、たけPと2015年初頭に再会し、2015年5月からKODAWARIをきっかけにサンプルレビューがスタート、2015年9月にAmebaからWordPressに引っ越し、そして、1年が経ちました

わかってたけど、11月はスゲー大変で、でも、更新しなきゃいけない記事もたくさんあって、更新したい気持ちもたくさんあって、時間がなくて、気付けば疲労がたまってて、朝、起きれなかったりして、色んな事が狂いました

何気ない会話でも、僕は救われる

一番はg.O.R.iさんです

僕にとっては、本当に恩人で、MacBook 12インチを購入したのも、MacBook Pro 15インチを購入したのも、WordPressに移行したのも、「安易に聞かず、試行錯誤してこそ、成長がある」と教えてくれたのも、レビューの本質を教えてくれたのも、全部g.O.R.iさんです

いつも書きますが、g.O.R.iさんとのMessengerは、雑談がほとんどです。運営の話なんてほとんどしませんし、コレも繰り返しますが「情報にはお金が伴う」ので、簡単に聞くことはしないのがマナーだと思っています

自分でやってみて、ウマく行くまでやってみて、ウマくいったら報告する。失敗は成功の元なので、次を頑張る、的な事もこの1年で身につきました

g.O.R.iさんは、たぶん「僕は何も言ってませんよ〜」って笑って言うと思います

でも、違う

色々辛いときとか、苦しいとき、いつも画面の向こうにはg.O.R.iさんがいた

だから、僕は頑張ってこれた

胸を張って僕は「gori.meの日本一のファンだ!そして、g.O.R.iさんの日本一のファンだ!」と言えます

g.O.R.iさんから返事が来たときの、あのワクワク感

僕はいつまでも、g.O.R.iさんの大きな背中を追いたい。僕の原動力は、間違いなくg.O.R.iさんだ。g.O.R.iさんが元気だと、僕も元気。g.O.R.iさんが喉痛めると、僕は心配でいても立ってもいられなくなる

11月、幾度となくg.O.R.iさんに救われた。そして、gori.meやYouTube動画に救われた

g.O.R.iさんは知らないかもしれないが、更新したくても、忙しくて全然できず、メシも食えず、悔しくて涙目になっていた

そんな時、僕に元気をくれたのはg.O.R.iさんの動画だった。

最近よく登場するよーたくんにも救われた

よーたチャンネル」を運営する月間15万PVブロガーのよーたくんは、ブロガー友達として仲良くさせてもらっている

完全に一人のブロガーとして素晴らしい運営をしているからこそ、この数字が出ていると思うのだが、よーたくんは、向上心がスゴく、常に自分のブログと向き合い、さらなる成長を目指して頑張っているところが刺激になる

僕はある程度「満足」してしまっていたので、よーたくんの存在はとても嬉しい

気軽に話せると言うことはたぶん、会ってもスッと普通に会話できるだろう

年の差はあるが、同じブロガーとして楽しく毎日話してる。ブログ「そのもの」についてお互いに「意見交換」をするのは、よーたくんだけだと思う(g.O.R.iさんは別)

僕がよーたくんに色々インタビューしてみることも多い。お互い運営して初めてわかることがあるし、よーたくんは別の能力も持っている

だからこそわかることをお互いに出し合い、切磋琢磨しているところだ

よーたくんも「え?毎日普通に話してるだけじゃ?」とか言いそうだが(本当に言いそう)、僕にとっては素晴らしい刺激を日々もらっている

11月を乗り切れた1つの大きな要因として気軽に話せるブロガー友達であるよーたくんの存在は僕にとって非常に大きい

さもない話でも、気分転換になる。それを痛感した11月だった。よーたくん、ありがとう!これからもシクヨロ!

スタッフは安定の泣き笑い

メッセージを送ると、ほどなくして送られてくる返信

内容は「部長を煽ってるはずなのに、自分が買うか悩む」という支離滅裂な展開

全てがアホで、最高に面白いスタッフトーク

僕は、このスタッフトークがなければ、ブログ運営を続けてこられなかったかもしれない

「わかった!」と言って、全然わかってないうりP(笑)、やたら情報が早くて、意外と速報系記事で暗躍しているカメ仙人、最近、「師匠」の風格がバンバン出ているおこP、そして、安定の煽り、たけP。ウチの「煽りシステム」は、たけPの「リンク爆弾」から始まってるので、たけPを超える煽りなど、今まで見たことが無い。ひこPは業務多忙に付き、深夜のみの登場も多いが、マジで不正アクセスがあったときは助けられた。

そうだ

僕は、スタッフトークで、気付けば笑っている

「更新出来るときにすればええやん」と、みんな言ってくれる

「辛かったら、辛いって言えばええやん」と言ってくれる

僕は笑いながら泣いた。スタッフに感謝だ

僕の「部長ナビ」の「ナビ」は今は亡きゴールデンレトリーバーの「ナビちゃん」から来ている

部長ナビの語源「ゴールデンレトリーバーのナビちゃん」の写真を発見。初代ゴールデンの「ジョン」と一緒にどうぞ
部長ナビの語源「ゴールデンレトリーバーのナビちゃん」の写真を発見。初代ゴールデンの「ジョン」と一緒にどうぞ
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 私、部長「ナビ」ですけど、この「ナビ」って何なのか結構聞かれます。一応自己紹介のページには...

↑見るタイミングミスると号泣するので、特に犬を飼っている人は閲覧注意

今は天国から僕を見守ってくれているナビとジョンだが、その名前を僕が23歳の時に使ってからもう20年近く経つ

今は、僕を元気にしてくれる「犬」、そうだ。ゴールデンレトリーバーがいる

それがアーティ

arty_niimi_2016-8月-01

アーティとの出会いは本当にたまたま。Twitterで見かけたのが始まりだ

それからやり取りをするようになって、今ではタイトルロゴに毎日かわいいアーティが登場してくれている

アーティママの漫画は、僕に元気をくれた。本当に「わかるわかる!」と言いながら爆笑し、時に、ナビを思い出して泣ける

そんな素晴らしいマンガが僕を励ましてくれた

さらに、最近熱いシェルティのラスティ

CyQYyd0UQAATw74

iMac 5Kを煽りに煽ってくるラスティとのやり取りが、たまらなく好きだ

shimi2226_2016-11月-23

奥がラスティ。手前はころすけ。

僕は「犬派」なのだが、本当に癒やされる。最高だ。もっと煽って欲しい、と言うか、ラスティからのリプが欲しいだけかもしれないが、疲れを忘れさせる渾身の「ラスティリプ」は、やっぱり僕を元気にしてくれる

キャラ的には、アーティは「癒やし系」でラスティは「スタッフ状態」という「キャラの棲み分け」もできている

「初の動物スタッフ」になるかもしれないラスティ、動物がスタッフって・・・。でも、良いんだ。それで僕が助かるから

これから、僕がどうなるかわからないが、3月までぜひ煽り続けてほしいものだ。頼むよ!ラスティ!

常連さん

ここには書ききれないくらいのたくさんの常連さんが、いつも僕の話し相手になってくれる

くだらない話から、完全プライベートの話、色々な話が僕を包む

僕は、メッセージを送ってもらいたい人なので、雑談がとても楽しい。だから、これからも即レスは期待できないかもしれないがガンガン送って欲しい

ただ、21時以降は寝てるのでレスは無理だと言うことをご了承ください

朝は早いけど、6時過ぎると、出勤するので、これまた、返信が厳しくなる。まあ、気軽に話しかけてね。コレまで通り

もう、Facebookの本アカウントのリンクは削除したので、友達申請は基本的にできない仕様に変えた。LINE@もリンクを外した。これからは、今までの常連さんを大切にして、ますますブログを盛り上げていきたい

まとめ

2016年9月、記念の節目1周年アニバーサリーmonthで55万PV、先月、2016年10月、60万PVを達成し、今月11月も55〜58万PVだ

あれよあれよという間に来てしまったので、自分でも驚いているし、この数字の「威力」が最近、ジワジワとわかってきた

当然、良いことだけではないが、明らかに「励まされる」機会が増えた

僕は「皆でブログを作って、皆で盛り上がりたい」という、非常に珍しいタイプのブロガーだと思う

だから、逆に言うと「一人では何もできない」んだ

これからも、皆の支えがあっての「部長ナビ」なので、シクヨロ

仕事は一段落付いたので、フッと今月を振り返ってみたら、感謝の言葉しか出ないので、記事にしてみた

 

日頃の皆への感謝を、これからも「文字」にして、届けます

 

良かったら、また遊びに来てください

僕はいつでも、「nabi1080.com」で待ってるから

 

全ての僕に「関わってくれる」人へ

心から、ありがとう

 

2016年11月28日 部長ナビ

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索