【初心者向け】ブログ書き方塾「手本を見つけ、真似をすることと、自分らしさ・個性の狭間」

SAYA160312170I9A3708

WordPress開設10ヶ月で月間24万PVの部長ナビ(@nabi_1080)がお送りする「これからブログを始めたい人向け無料講座」でございます。最近、問い合わせが非常に多く、対応しきれないので、連載にすることにしました。ブログを始めたい方は是非ご覧ください!

スポンサーリンク

注意

ブログは「個性」ですので、個性そのものを教えることはできません。あくまで「型」の連載になります。ですから、この通りやっても運営がうまく行く保証はどこにもありません。大切な事は「自分らしく、書きたいことを、楽しんで書く」と言うことを忘れないでください。では、行ってみよう!

今日のお題「手本を真似することと、自分らしさの違い」

今日は、記事本文について紹介します

カテゴリが決まり(第1回)、タイトルに注意して、結論と一致させることを知れば(第2回)後は書くだけです

書くだけですが、ここで多分、皆さん「手本」が思い浮かぶと思います。ええ。あなたが毎日見ているブログですね。これが手本になる場合が多い

だいたいブログというのは「このブログスゲえ!」ってなって、そこから「俺もやりてえ!」ってなります。ですから、きっかけとなるブログが手本になる場合が多いんです

実際に私も「手本を見つけて、それを取り入れていく」事をアドバイスいただき、それがgori.meというわけですね

んじゃ「手本を真似するときの注意点」は何なのか、これからブログを始める方に、それをお伝えしましょう

言い回しを真似するのは、特に問題無い

gori.meで多用されている言葉を私はムチャクチャ使わせていただいています

gori.meで良く使われていて、部長ナビのページでも使わせていただいている言い回し

・ご覧あれ!

・紹介する!

・お試しあれ!

・書き方を「である」調で書くレビュー

こんな感じ。

この辺はそっくりそのままパクってます。だって、カッコいいから

2015年5月にgori.meに出会って、それから私のレビューは激変しました。ええ。全く変わった。今のスタイルは完全にgori.meのレビュースタイルです。

他にgori.meから取り入れてる部分

・写真を大きく表示する(Amebaだと無理だった)

・写真の枚数を多くする

・印象的な写真を撮るように心がける(特に、アップ→マクロレンズで対応)

・Hタグをgori.meと同じにする(厳密に言うと、全く同じでは無いけど、ほぼ同じ)

こんな感じですね。写真がすごく大きいです。写真、WordPressに移行してガラッと変わりました

初めてサンプルレビューをする企業の広報の方には必ずと言って良いほど「キレイな写真で、印象的な写真をありがとうございます」と言われます。gori.meのやり方を踏襲しているのだから、当然かもしれませんが、写真はとても大切なブログの要素だと思っています。デジイチがどうこうじゃ無くて、写真を多くする、印象的な写真を撮る、この辺もフィーリングですが、思うがままにレンズを向けて撮りまくってガンガン使うってのはポイントでしょうね

ちなみに、gori.meを初めて見たときに、第一印象は「写真でかい!」でした。これが第一印象。写真が刺さったんです。私に。

次があの、独特の「である調」の書き方、そして、タイトルタグの見やすさでしたね。刺さりました。今でも刺さるけど

上のタイトルにある通り「言い回しを真似する」のは問題無いと思います

では、注意点は何でしょうか?

注意点「テンション」のマネに注意

ウチのブログを参考に色々記事を書き、質問をいただくブロガーの方、たくさんいらっしゃいますが、最も陥りやすい「失敗」パターンがこれです

「テンションを真似る」って事です

テンションって、人によって違いますよね?

例えばおとなしい人が、無理矢理明るく話そうとしたら、聞いている人はどう思いますか?

「この人、無理してるな」

って思いますよね?文章もそうなんです。

無理してテンションを手本に合わせようとすると、読者は「あ、この文章、この人のテンションじゃねえな」とわかるんですよ。そうです。バレるんです。そして、訪問されなくなります

文章って、会話と同じで、その人に合った「テンション」が存在します

そうです

「フィーリング」ってヤツです。思うがままに書く。それがあなたのテンションなんです

ここをですね「多分、あの人なら、こう書くだろう。その書き方をパクれば見てもらえるだろう」と「テンションを無理に上げる」と、見ていて「不自然な文章」になるんです

そういうブログをたくさん見てきました

だからいつも言うんです

「自分らしく書くことが大切だ」と。

私はg.O.R.iさんの「書き方」は真似しています。デザインや、写真も真似していますが、文章本文は特にgori.meを意識せず、「自分が書きたいように」「指が動く通りに」書いています。

まあ、1つだけ言うとしたら「授業で話すみたいに書く」事を意識してますよね。伝わりやすいように。あと、gori.meには無い「変態感」を出せるように心がけています。ええ。心がけています。大事なので2回言いました

私にお問い合わせをいただく場合、嬉しいことにウチのブログを参考にしてくださっている方がほとんどです。

で、レビューを見に行きます。語尾は良いです。ウチと同じ、gori.meと同じ、別に良いです

ただ、テンションがおかしい文章がほとんどなんですね。そうです。無理してテンション上げてる感じですね。

「あなたらしくない」のです

ちゃぼPも、実は最初そうでした。でも、今は非常に彼らしい、「小説を綴るような」独特の彼の書き方、それが右肩上がりのPV上昇に貢献していると言えるでしょうね。だって、面白いもん。ちゃぼPの文章。俺には書けないッス。彼は写真も独特だよね。アレもスゴいと思う

ちゃぼPの文章のテンションは「ちょっと落ち着いた感じで、はしゃぐこと無く、情景が浮かぶような独特の言い回しで、流れるように書く」感じです。これが彼の「自分らしさ」なんですね

だから、読んでいて、無理が無い。自然に、スッと読める文章になっています

スタッフだけど、私っぽく無いんです。文章が。

ウチとgori.meを見ると「似ている」と思う方も多いと思いますが、Messengerで話をしてハッキリわかりました。ええ。

私とg.O.R.iさん、テンション似てます(笑)。だから、文章似るんですよ。仕方ない。意識してないもん。自然と似るんです。

スゲー真面目なこと話しているのに、突然アホみたいな話題で盛り上がったり、無茶ブリしてくるし、あー、たぶん、ちゃぼPって俺と話してるとこんな感じなんだろうなって思います。スゲー似てる感じです。他人とは思えない(笑)。

ウチのブログのテンションは私のテンションそのままですから、多分、ウチのブログは読んでいて、不自然な記事ってあまりないですよね?だって、無理してないもん。そのまま書いてるからね

それをやってみてください

手本があるのは良いことです。語尾を真似するのも、写真、デザインを真似するのも良いことです。でも、私が結構相談を受け、ブロガーの方達の記事を見た感じでお話しすると「テンションは無理せず、自分らしく書く」方が良いというか、自分の書き方を確立しないと、常連はできないと思います。たぶんですけどね

自分らしい書き方→無理しないテンション→個性

個性の出し方って無いと思います。だって、個性って「出す」ものではなく「にじみ出るもの」ですよね

私、この文章とか、レビュー、個性出そうと思って書いてると思いますか?

そんなの無いです。いつも通り、普通に書いていると「個性がある」とか「部長さんらしい」とか言われるんです。ええ。それが個性です。出すもんじゃ無い。だから「出し方」なんて無いです。あるわけない。

そこを間違えない方が良いと思います。

大事なことは「無理せず、自分らしく書く」ことであって、要するに「自分と向き合う」事がとても大切だと思っています。ちゃぼPの小説っぽい書き方は私が「小説みたいだな」と言ったのがきっかけでした。そうです。ちゃぼPは自分の書き方、すなわち個性を感じずにあの小説っぽい書き方を最初からしていたんです。当たり前ですよね。個性なんですから、最初からできるに決まっている。それが「彼らしさ」なんですよ

よく、「自分らしさを探す」人がいますが、探す必要なんて無いんですよ。だって、普通に書けば良いから。

カテゴリ、タイトルがオッケーなら、無理せず、自分のテンションで普通に書く。それで良いんです。後は読者が判断します。あなたの個性が「刺さる」なら、常連は増えるでしょうし、そうでなければ残念ながら常連は増えない。ただ、それだけです。

個性は探すものでもなく、見つけるものでもなく、最初からあるものです。

自分らしさ、それも最初からあります。普通にしていれば良いんです。私、何も意識して文章書いていませんから。それが個性。

思うがままに記事を書く。それがブログの良いところ。文字数制限が無い。それもステキ。Twitter、Facebookではできないような大量の写真投下も可能です。ああ、最高。

ブログ、超楽しい。私はそう思います。例えPVが1日100だとしても絶対やめない。楽しいから。今ではたくさん反響いただけるようになりましたが、だからといってこの変態的な書き方を変えるつもりは全くありません。

ええ。今のままありのままで行きます。

それが私の「自分らしさ」だから

あなたのブログが、より「あなたらしいブログ」になることを祈っています

PS 記事を見てくださいというのは、難しいんです。あなたらしさはあなたにしかわからないから

あなたのテンションは私にはわかりません。だから、添削とかできないんですよ。

自分で納得のいく文章が書けたら、それでオッケー。問題無いと思います。

何度も言いますが、判断するのは読者。シェアするのも読者です。赤の他人が見て「刺さる個性」が読まれるブログには必要なのかもしれませんが、ちゃぼPのように「アゲアゲなじゃない」ブログでも何も問題無いんですよ。だって、公式のニュースサイトでテンション高かったら疲れませんか?私は読まないですよね。NHKのNEWSをよく見るのも、「そこにテンションを求めてない」からですよね

人によって刺さり方は違いますが、本文に関しては、思うがままに書くと良いと思います。無理すると、記事書くのにもの凄く時間がかかりますし、疲れますよね。無理してるから。

それ、楽しいですかね?

楽しんで書く、それで良いと思います。無理せず、PVに一喜一憂せず、シェアされなくてもジッと我慢して、楽しんで書く。すると、数ヶ月後ブレークします。たぶん(無責任)

今回で、ブログ塾は一応終わりです。

別の観点で記事を書くこともあるかもしれませんが、この記事がブロガーの皆さんのお役に少しでも立てることを願っています。では〜

お問い合わせはこちらから!

部長ナビ(@nabi_1080)さん | Twitter
部長ナビ (@nabi_1080)さんの最新ツイート 月間60万PVのブログメディア「部長ナビのページ」を主宰(Since 2015/9/2) Apple製品を中心としたニュース、レビュー、企業提供サンプルレビュー、教育(対話型アクティブラーニング)、カメラ(EOS 70D)、岩手情報などを書いています。 記事更新通知...

↑@ツイート、DMでどうぞ!フォローも絶賛受付中ですZE!

Shin Odashima | Facebook
Shin OdashimaさんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、Shin Odashimaさんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。

↑部長ナビFacebook本アカウント。友達申請をしていただき、お気軽にメッセージ(Messengerアプリ)でご質問ください!

LINE@はPCはサイドバー、モバイルは一番下から友達申請どうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索