「via記事」について、思うこと

saya160104274702

(image via ぱくたそ・茜さやさん

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

最近思うことと、読者の皆さんからの反響を踏まえて書きたいと思います

スポンサーリンク

「via記事」とは?

これ、g.O.R.iさんの書き方から自分で調べて、私も使うようになったんですけど、以下のサイトにちゃんとした意味が載っていました

ブログ記事でよく見かける「via」とは
人様のブログを拝見していると、よく「via」という単語を見かけます。参考・参照元を記載する時によく使われていおり、ぼくも...

 

簡単に言うと「紹介した情報を提供してくれたのはここです。ありがとう」という意味が「via」

例えば「via iPhoneMania」だとすると、「iPhoneManiaから得た情報を元に、この記事を書きました。iPhoneManiaさん、ありがとう」という意味になりますね

gori.meを元に、私は「提供元」の部分に該当記事のリンクを貼るようにしています

「パクり記事」とディスられることもあるらしいが、大事なことは「読者はそんなにたくさんニュースサイトを見ない」ということ

via記事ってのは、どこかから情報を持ってきて、それを紹介するわけです

例えばウチなんか良い例ですけど「gori.me」って言うカテゴリがあって、gori.meの記事を紹介してますよね?

アレも全部、「via記事」なんですよ。

問題は、この「via記事」というのが「ただのパクりじゃねえか」って意見があるって事です

でも、私は違う考えをしています。例えば「gori.meの記事をただ持ってきて、コピペするだけ」だったら、そりゃ「パクり記事」ですよね

しかし、ウチのスタンスとしてはgori.me同様に「自分の意見・考察」を入れるようにしています。ただのコピペじゃ無くて、「なんでその記事を取り上げたのか」を書くようにしています

そのことにより、読者にとっても有用な記事となるわけですよね

読者の方(特に女子)に聞いてみたけど、ニュースサイトはほとんど見ていない。そういう人には「via記事」は結構重要な情報源らしい

SmartNewsでいくつものチャンネルを毎日3回見て、gori.me見て、Reeder 3で10個以上のニュースサイト登録してチェックしている私のような人ってほとんどいないと思います

普通の人は、定期的に見るサイトが1〜2個あって、空き時間にちょこっと見る。寝る前に見る。そんな程度でしょう

そういう人達に必要なのは「全てのニュースから自分に合うモノを探す」事では無いと思います

限られた時間の中で、自分に有用な情報を得るためには、サイトを厳選する必要がありますよね。それを手助けするのが「via記事」だと思っているんです

g.O.R.iさんも何でもかんでも紹介していません。必ず考察も入ってます。gori.meの記事レベル、紹介する内容のレベルは、実はウチのブログの読者にはチョット高い場合も多いんですが、その中でも「これは紹介すべきだ」というモノを私は紹介しています。

さらに、他のニュースサイトの面白い情報や、ウチの読者の方にとって「これ、知りたいだろうな」ってヤツもvia記事で紹介しています

コレをやると、ウチのブログ1つ見ればだいたい情報はつかめることになるんですよ

当たり前ですけど、ただのコピペはダメなので、紹介するニュースは厳選します。一切紹介しない日もありますよね?でも私が見ているニュース記事は1日100〜200をゆうに超えます。その中で「これは!」と思ったモノを紹介しているわけです

昨日は、「人口の50%は変態」「6時間睡眠を続けると良くないという研究結果」という2つのニュースをviaの形で紹介しました

反響もいただきまして「面白かった」「6時間睡眠をしていたけど、ためになった」とメッセージが来るわけですね。かなりたくさんニュースを見て、初めて引っかかるネタもありますので、必ずしも読者の皆さんがその情報をゲットできるとは限りません

しかし、ウチに来てもらえればある程度のターゲットを絞ったニュース記事を私の考察付きで読める、こうなるわけですね。これが「via記事の良さ」だと思います

gori.meは、当然、Apple関連、ガジェット関連の「ニュースサイト」なわけですが、速報性や考察の深さはやはりスゴいと思います

g.O.R.iさんの考察が毎日読めるのも面白いし、考察が無ければわからないニュースも、実は結構あるんですよね。g.O.R.iさんの考察は本当に助かりますね

考察が入る+ターゲットを絞ることで、via記事は読者に有用な記事になっている(と思う)

「情報を提供するブログ」はたくさんあります

しかし、「考察が面白いブログ」ってどのくらいあるでしょうか?そこだと思うんですよね

ただの紹介だと「パクりだ」とディスられるかもしれませんが、私はvia記事、楽しんで書いてます。面白いですよ

皆さんもぜひ、ウチの「via」って最後に付いている記事、「あー、これ、いくつもあるニュースの中で、部長が「これだ!」って思ったんだな」って思って読んでもらえると良いですね

探すのも面白いし、「どうやって紹介してやろうか」って考えるのも楽しい。それがvia記事だと思うんです

ちゃぼPは、Twitterで気になる記事をリツイートの形で紹介しているみたいですが、それを記事にして、via付けて、考察入れると「via記事」になるんですね。リツイートの「長文考察付き記事」って感じかな?

via記事だらけの日もひょっとしたらあるかもしれませんが、なかなか「これだ!」ってニュース、無いモンです。特に私が考えるのは、ウチの読者の中でも、反響を良くいただく「女子・ママ」に向けたモノですね。

ガジェット系もvia記事出したりしますけど、色々混ぜてるつもりです

ウチのコンセプトは「暇つぶしになるブログ」ですから、色んな情報、そして、部長視点での考察、この辺をぜひお楽しみくださいね!

茜さやさんの写真について

「考える」という記事のアイキャッチ画像をどうしようかと探していたら、ぱくたその中にあった「茜さやさん」にたどり着きました

これ、g.O.R.iさん撮った写真じゃ無いのかな?間違ってたらごめんなさい。茜さやさん、かわいいですよね〜。これからも「癒やされアイキャッチ」として使わせていただきたいと思いますので、皆さんもぜひ応援してください!私も応援しています!

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索