部長ナビがレビュー記事執筆の際に気をつけている5つのこと

MacBook Pro 15インチレビュー01

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

当ブログは「レビューブログ」として一定の評価を企業様からいただいており、これは読者の皆様からのメッセージにも如実に表れているところです

一番嬉しいのは「部長さんのレビューを読むと、気付く買っている」というものでして、書いたレビューで「購買意欲がそそられる」というのは、書いている私も嬉しいし、サンプルを提供していただいた企業にもメリットがあると思うので、ダブルで嬉しいところです

さて、今回は、WordPressブロガーならずとも、多くのブロガーの方が「商品レビュー」を書いているわけですが、検索上位効果もありまして、複数の方から「レビューを書くコツ」について質問が来ております

前にも述べた通り、記事というのは「個性」ですので、マネをすることは出来ません。似せることはできますが、無理が来て、読んでいて不自然な文章になります

ですから、他のブロガーの方に聞かれる「コツ」というものを私なりに解釈して「気をつけていること」を述べてみたいと思いました

プロブロガーの方に比べればショボいブログですが、ご了承いただければと思います

では、行ってみよう!

スポンサーリンク

1 タイトルにとにかく気を遣う

レビューは「読まれてなんぼ」です。

サンプルを提供した企業からすれば、せっかく提供したんだから、「宣伝」にならないと意味がありません

そこでポイントとなるのが「Google検索上位表示」です。このためには、いくつかの要素がありますが、「タイトル」超大切です

【SEO】タイトル28文字超大切!検索エンジン最適化の結果が衝撃だ!
【SEO】タイトル28文字超大切!検索エンジン最適化の結果が衝撃だ!
SEO頑張ってます!部長ナビ(@nabi_1080)です イヤー、ビビった。スゲー効果だ。パねえ!と言うことで報告します。 まずは、するぷ...
【SEO】部長とちゃぼPのSEO対策効果「タイトル」「印象的な写真」「読み手のことを考えた記事」
【SEO】部長とちゃぼPのSEO対策効果「タイトル」「印象的な写真」「読み手のことを考えた記事」
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です PVよりシェア、そして、目指せ「Google検索上位」と言うことで頑張っているところです...

↑タイトルについてはこちらからどうぞ。

とにかく「検索されそうなキーワード」を「短く」入れることに私は全力を注いでいます。まずはここから行ってみましょう

2 自分が他人のレビューを選ぶポイントを理解する〜何も知らない人の情報集め〜

レビューというのは「比較するため」に見ることが多いです

自分が他人のレビューを見るときは、間違いなく検索エンジンから入りますよね?

その後、タイトルで決めませんか?そうです。タイトルを分かりやすく、「全く知らない人向け」をアピールすると読んでもらいやすくなるんじゃないかと思います

少なくとも私はそういう感じで決めています

内容もそうです

「これから買おうと思っている人」が読むのがレビューです

ですから、「買いたい」と思うためには何を書けば良いのか、それを自分らしい言葉で書けば良いと思います

「自分が「スゲえ」と思ったポイント」でしょうね。これを自分らしく書く

3 Amazonの「無料サンプル提供レビューは参考にされていない」事を知る

これ、Amazon見ると必ず書いてあることです

「無料提供のレビューがかなり高評価だったので買ったら、思ったほどよくなかった。無料提供のレビューは信用できないと感じた」

これです

レビュアーには辛いコメントですが、これが現実なんです

「あまり良くないな」と思ったら、思い切ってレビューを断るのも私は重要なポイントだと思います。

当ブログでは、サンプル提供されたウチ、半分程度しかレビューしていません。レビューしない商品は返送するか、提供していただける場合はそのまま使いますけど、レビューはしません

なぜなら、「部長さんが勧めるモノを買いたい」というメッセージがもうずいぶん前から来ているため、私がレビューする=買った方が良いという公式ができあがってしまっている読者の方が多いんです

ですから、企業の広報の方には申し訳ないんですけど、サンプル提供いただいてもレビューはしないことが多いです。かなり多いです

その代わり、レビューするのは「コイツはスゲえぞ」ってものになりますから、とにかく私の心にヒットした内容を絶賛します。

そしたら「え?そんなに良いの?」って思いますよね?

何でもかんでもレビューしないんです。本当に良いもの、自分が「買っても良い」と思ったものだけをレビューしています。だから、ウチのレビューというのは読まれるのかもしれません

一番レビューをお断りしているのは「イヤホン」です。これ、本当に多い。10個送られてきたら、1〜2個しかレビューにならないくらい断ってます

基本がBOSE SoundTrue IE IPということもありますが、モノによっては全くレビューできないモノも多く、心苦しいところですが、私がレビュー出すと、翌日には「買いました」とメッセージが来るので、本当にオススメできるモノ以外は出すことができません。記事の信用問題に発展しますからね。

それを考え、何でもかんでもレビューしない勇気、これも重要だと思います

その点、g.O.R.iさんは「これを使うに当たって、注意すべきポイント」や「ちょっと残念な点」を必ず書きますよね?

私とは書き方は違いますが、非常に参考になるレビューだと思います

「こういう人にお勧め」という書き方も良いと思います。私とg.O.R.iさんのレビューの書き方は微妙に違いますので、それらを参考にしていただいて、「自分らしい言葉で」書いてみると良いと思います

4 サンプル提供写真は「広告写真」

プロカメラマンのカメ仙人から散々言われている「広告写真」ですが、企業は普通、お金を払って広告を作ります

そんな広告の写真で、見るに堪えない構図や、あまりにも暗い、写り込みがヒドすぎる、商品がちゃんとフォーカスされていない、こう言うことは「ありえない」ことなんです

ですから、レビューを書く際は、iPhone等でも写真は全然良いと思いますが、プロカメラマン講座や、初心者デジイチ部を見ていただき、写真のポイントを掴んでアップしてもらえると良いと思います

例えば、g.O.R.iさんは、マクロレンズ使ってませんが、非常に素晴らしい写真が数多く掲載されています。ですから、「マクロ必須」というわけでは無いです

構図と、照明、そして、レンズですね。この辺を検討して良い写真を撮ってアップできると良いと思います

5 レビューは「説明書」じゃ無い。思いを伝えよう

無味無臭な取扱説明書ではなく、あなたが使って、良いと思ったから記事にするというのがレビューです

ですから、文章に多少なりとも「思い」「情熱」が入るはずなんです

淡々としすぎるレビューが良いと言う人もいるかと思いますが、当ブログのレビューが読まれ、そして、実際に「買いました」というメッセージが大量に届いているという現実から、「メッセージ性の高いレビュー」というのは、非常に重要だと思います

テンション上げろと言うことでは無く、自分の言葉で「これ、本当に良いんだから」という気持ちを伝えることが大切です

ちゃぼPは、ハイテンションをやめ、落ち着いた口調で記事を最近書いていますが、読者は着実に増えているとのことでした。だって、面白いモン。

色んなスタイルがあって良いと思うんです。

でもね、淡々と商品の説明だけをするなら、別にあなたのブログを訪問しなくても良いと思いませんか?

なぜ、gori.meに行くのか?そこに「熱意」があるからですよね?熱いレビューがあるから行くんです。そういうことです

ニュース記事もただのニュースじゃ無い。g.O.R.iさんの考察や思い、願いが必ず散りばめられている。だからgori.meに行くんですよ

そういう「だから、あなたのブログに行く」という理由、それが、「思いがこもっているか」だと思います

繰り返します

「ハイテンションじゃ無くて良い」んですよ。自分の思いを自分らしく伝える。これが大切です

まとめ

5つの「気をつけていること」を書きましたが、いかがだったでしょうか?

参考になれば幸いですが、レビューって「思うがまま」に書いて良いと思うんですよ

ただ、書くなら「本当に、これ、買ってみてよ」って思わないとダメですよね

自分が「買おうと思わない」モノをレビューしたって、そんなの読者にはバレます。そして、二度と訪問してもらえなくなるでしょう

ですから、構想を練って、ターゲットを「これから買おうか迷っている人」と明確にして、そして、思うがままにキーを叩く

コレで良いと思います

私は人のレビューをあれこれ言える立場では無いので、質問にはお答えしかねますが、私、g.O.R.iさん、そして、ちゃぼPのレビューを読み比べながら「個性」を感じて、自分らしいレビューを書いてみてくださいね

非常に多い問い合わせである「レビューの書き方」について、「気をつけていること」をまとめました

「つい買ってしまう文章のファンです」なんてメッセージもらったら、マジでうれション(犬)ですよ。頑張ってレビュー書きましょう!

じゃ、また!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索