【レビュー】booq Daypackは普段使い最強の小型バックパックだが、15インチ、ミラーレスカメラもステキに収納だぜ!

こんにちは。サンプルレビュアーの部長ナビ(@nabi_1080)です

AppBank Storeより、booq Daypackをサンプル提供いただいたので紹介したい。じっくり使い込んでのレビューだ。是非とも検討して欲しい。booqにしては安いが、15インチも入るナイスバックパックだ

荷物がそれほど多くない人には最適だろう。では行くぜ!

スポンサーリンク

外観!

booq Daypack01

コレが、今回サンプル提供いただいたbooq Daypackだ

左が黒、右がネイビーだ

いつもだと、黒を使うのだが、今回は2色サンプル提供いただいたので、比較しながら、ネイビーの感想を述べたいと思う

booq Taipan shockと比較!

booq Daypack02

僕のレギュラーバックパックである、booq Taipan shockと比較してみた。左がbooq Taipan shockだ

【レビュー】booq Taipan shockは6kgの荷物が入っても重くない!部長購入のお勧めバックパックだ!
【レビュー】booq Taipan shockは6kgの荷物が入っても重くない!部長購入のお勧めバックパックだ!
この記事は、2015年11月21日に公開した記事を追記したものです こんにちは。サンプルレビュアーの部長ナビ(@nabi_1080)です ...

↑booq Taipan shockのレビューはこちらから!

パッと見はbooq Daypackの方がワンサイズ小さい。横の膨らみを見てもらえればそれは一目瞭然だろう

booq Daypack03

横を見ると、実はbooq Daypackの方が厚みがあることがわかる

booq Taipan shockは非常にスタイリッシュなバックパックで、かれこれ1年弱使っている。この、コロコロ気が変わる僕が1年弱使っているお気に入りのバックパックなのだ

横幅は狭く、厚みはある、それが、booq Daypackの特徴と言えるだろう

なお、両方、MacBook Pro 15インチが入る

booq Daypack04

背面

ちょっと違うのだが、booq Daypackは「デイユース」を想定して作られていると思うので、それほど背当ての厚み、肩紐の厚みが無いと感じた

booq Taipan shockは、どちらかというと「MacBook Pro 15インチ背負って軽い出張」にも対応できるようなそんなバックパックだ。だから、用途が違うので一概にどうとは言えないが、週末の出張で使ってみたところ、booq Daypackは十分に「軽めの装備」であれば問題無く収納でき、肩紐が食い込むことも無い。ウォーキングが多い出張でも対応したナイスバックパックと言えるだろう

booq Daypack18

肩紐の違いはこの通り

ネイビーの方がbooq Daypack、右の黒い方がbooq Taipan shockで、厚みは明らかに違うのがわかるだろう

長時間、MacBook Pro 15インチを背負うような旅や出張だと、booq Taipan shockの方が良いかもしれないが、今回はそこまでのヘビーユー砂場面が無かったので、booq Daypackでも十分に対応できた

booq Daypack19

背当てはある程度の厚みはあるので、クッション性に問題はない

ただ、booq Taipan shockよりは厚みは無いと言っておこう。繰り返すが、コレはデイユースのバックパックだ

booq Daypack20

肩紐の裏地

booq Taipan shock(黒い方)は、クッション素材と言う事が分かるが、booq Daypack(手前のネイビー)はただのヒモであることがわかる。この辺が「ガチのバックパック」と違うところだ

値段の差はこういう所に現れているのかも知れない

booq Daypack21

肩紐の腰のあたりには、booqのタグが付いている。

今回はライトブルーで爽やかな水色だ。カッコヨス

機能を見て見よう

booq Daypack05

まずは裏側

お決まりのbooqキーチェーンがナイス。相変わらずナイス。

初めての方のために説明すると「b」のボタンを押すと先っぽが取れるのだ。鍵が迷子になることの無い素晴らしいアイディアだと思う。

裏側ポケットは今までのbooqのバックパックより縦長で、薄い

上に見える緑のがEvernoteの名刺入れだ。奥に見えるのが、薄いカードケースだ

カードケースの所まで物が入ると言うことで理解していただきたい

booq Daypack06

横から見ると、こんなに縦長に物が入る。ちょっとした書類も折れば入るのだ。ステキ

booq Daypack22

サイドは、このように、ボタンを外すと、ペットボトルや傘が入るスペースが出てくる

booq Daypack29

コレは出張先で撮影

実際にペットボトルを入れたが、2本くらい入りそうだった。余裕があって驚いたぞ

booq Daypack07

メインポケットは見ての通り1つだ

booq Taipan shockはMacBook Pro 15インチ専用ポケットと、その他ポケットとメインが2つあったので、そこが大きな違いだ

ガバッと開くので、開けるのには慣れが必要だが、1週間以上使ってみて、それほど問題は感じなかった

booq Daypack08

横から見るとこの通り

かなり広い開口部だ。アクセス性も良く、目当ての荷物が一発で取り出せるぞ

booq Daypack12

フタの部分にはメッシュポケットがある

いつもだと僕はここにルーターとスティック型のモバイルバッテリーを入れている

booq Daypack09

向かいにはポケットが2つ

手前には予想通りiPad Pro 9.7インチがバッチリ入る

booq Daypack13

奥にはMacBook Pro 15インチがちゃんと入る。ベルクロで留める方式なのでひっくり返ってもiPad、Macを守ってくれるのはナイスアイディア

booq Daypack11

iPad入れの横にはペン3本が入る。この辺もbooqはお手の物だ

このペンポケットはマジで便利。スゲー使うぞ

booq Daypack10

フタの下部には、チャック付きのポケットがある

僕はここに、目薬などの薬類を入れている。チャックが付いているので、安心して収納することができるのが嬉しい

booq Daypack16

MacBook Pro 15インチ、iPad Pro 9.7インチを入れた状態で、AppBank Storeオリジナルのまとめてポーチを入れたら、ちゃんと入った。ナイス

【レビュー】AppBank Editionの「まとめてポーチ」はバッグインバッグとして最適。Apple Pencilもモバイルバッテリーも薬もペンも入るぞ!
【レビュー】AppBank Editionの「まとめてポーチ」はバッグインバッグとして最適。Apple Pencilもモバイルバッテリーも薬もペンも入るぞ!
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です AppBank Storeより、「まとめてポーチ」をサンプル提供いただいたので、紹介...

↑まとめてポーチはこちらから!

booq Daypack15

隣に、EOS M3+18-55mmを入れてみたが余裕で入った。かなり余裕だったので、EOS 70Dも突っ込んでみた

booq Daypack17

入った(笑)

60mmマクロを装着しているが入った。ただ、重くなるので、この装備だと肩紐にクッション性が無いのが厳しいかも知れない

何を運んで、何を入れて、どのくらい歩くのか、それを考えて購入して欲しい、このバックパックは「軽量な荷物をスタイリッシュに」というコンセプトだろうから、EOS 70Dはひょっとしたら似合わないのかもしれない

注意点

デイユースの軽量バックパックで、それほどガチの外出には使わないと仮定すると大きな問題では無いのだが、僕は今回、出張でこれを使った

そうなると、必ず「要項の持ち歩き」が発生するのだがこのバックパック、書類専用のポケットが無いのだ

booq Daypack25

このような感じで、MacBook Pro 15インチ、もしくは、MacBook 12インチの場所に入れることになる

ホッチキス等で、MacBookが傷つかないように、クリアファイルを使うと良いだろう

booq Daypack24

サイズ的にはちゃんと入るので問題無いが、購入の場合は「書類ポケットが無い」を言うのを理解してから購入して欲しい

まとめ

1週間以上使ったが、かなり使用感は良好だ

特にコレ

booq Daypack26

MacBook 12インチ、EOS M3との相性は素晴らしいと感じた

小型、軽量なモバイルである、MacBook 12インチ、そして、EOS M3を入れると、フワッと浮いているかのような軽さと共に出張や旅行を楽しむことができるだろう

この点では素晴らしいと思ったし、横幅がbooq Taipan shockより無いので、背中への接地面が少なくすみ、汗をかきにくいこともわかった

booq Daypack28

普段使いには「最強」と言えるこのバックパック

コレを背負った後でbooq Taipan shockを使うと「ここまでガチじゃなくても良いかな」と本気で思うくらい、それくらい、booq Daypackはジャストサイズだ

通勤にしか使わない方や、外出は多いが荷物の少ない方にピッタリなこのbooq Daypack、使ってみればあなたの生活に欠かせなくなる、そんな魅力を持ったバックパックと断言できるだろう

ぜひ、AppBank Storeをチェックしてみて欲しい

booq Daypack23

▶️AppBank Storeで、booq Daypackをチェック!

↑色はリンク先で選べるぞ!ぜひ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索