【レビュー】booq Boa flowはデジイチ専用スペースがあって15インチが入る大容量バックパックの決定版だ!

こんにちは。サンプルレビュアーの部長ナビ(@nabi_1080)です

今日もAppBank Store取扱商品を紹介だ!今日はみんな大好きbooqの新作バックパック!「booq Boa flow」だ!ヤベえぞ!

▶️AppBank Storeで、booq Boa flowをチェック!
スポンサーリンク

外観!booq Taipan shockと比較!

私はAppBank Storeのサンプルレビューから、booq Taipan shockを自費購入し、現在でも毎日使っているレギュラーバックパックだ。完成度、価格のバランスが素晴らしく、スタイリッシュでたまらない

【レビュー】booq Taipan shockは6kgの荷物が入っても重くない!部長購入のお勧めバックパックだ!
【レビュー】booq Taipan shockは6kgの荷物が入っても重くない!部長購入のお勧めバックパックだ!
この記事は、2015年11月21日に公開した記事を追記したものです こんにちは。サンプルレビュアーの部長ナビ(@nabi_1080)です ...

↑booq Taipan shockはこちらから!

booqなんてメーカー、AppBank Storeとの付き合いがなければ知らないまま一生を過ごしていたと思うが、ハッキリ言って素晴らしいブランドだ。最強だ。一生booqのバックパックでも良いと断言できるくらい、素晴らしい

では、外観をbooq Boa flowとbooq Taipan shockを比べてみようか!

booq Boa flow02

左がbooq Boa flow、右がbooq Taipan shockだ

パッと見、そんなに変わらない気がするが、これこそ「booqマジック」なのだ。一見小さく見えるbooqのバックパックはその収納力の素晴らしさに毎回驚かされる

もちろん、スタイリッシュなのはいつも通りのbooqだ!

booq Boa flow01

横を見ると、booq Boa flowの方が収納力があることが一目瞭然だ

しかし、booq Taipan shock(右側)も、MacBook Pro 15インチ、EOS 70Dが入るバックパックなのだ。何度も言うが、booqのバックパックの収納力は凄まじい。それでいて、デザインがカッコいいという反則のバックパックだ

booq Boa flow03

背面

booq Boa flowは、背当てが白いが、booq Taipan shockと比べて、それほど違いがあるようには見えない

booq Boa flow05

肩紐の幅を比べてみると、booq Boa flowの方がより大容量なので、booq Taipan shockより太くなっているが、booq Taipan shockも十分太いし、考えられた肩紐だ。食い込むことも痛みもないので、booq Boa flowがいかに安心して重いモノをガンガン突っ込めるかよくわかるだろう

本体観察!

booq Boa flow06

お決まりのbooqマークは至る所に配置!

カッコよすぎて泣けてくる。岩手でbooq使ってるの、多分、私しかいないんじゃないだろうか?って思うくらい、booqは「かぶらないバックパック」だと思う。渋いが最強だ。

booq Boa flow07

上部は、いつも通りのMacBook Pro 15インチが入るポケットが奥に見えるが、「チャックが2つ」あるのがわかるだろうか?

booq Taipan shockはチャックが1つしか無い。2つあることで、どちらからも開閉可能だ。booq Taipan shockは必ず片方向からの開閉になるので、その辺はさすが新モデル。使い勝手を考慮したチャックの配置だ

また、真ん中に「小さいチャック」も見えるだろう。コレが新しいミニポケットになる

booq Boa flow09

ミニポケットにはこのようにiPhone SEがスッポリ入る。ジャストサイズだ。

カードケースなどの小物を入れても良いだろう

booq Boa flow12

サイドもいつも通り、両面にポケットが付いている

booq Boa flow10

コレもいつも通り、鍵ホルダーだが、コレが実に便利。ホルダーごと外れるので、鍵を使うときはここから外し、外出時はここにくっつける。ホルダーなので、ポケットの中で「アレ?どこに行った?」ってことがない

このホルダーはbooqのバッグでは標準装備と言えるので、booq野郎は一旦コレ使うと別メーカーのバックパック使えなくなるほどの中毒性の高い装備であることは間違いない!

booq Boa flow08

ホルダーの手前、奥にはそれぞれポケットがあるが、それほどクリアランスはなかったので、厚いモノを入れることは厳しいと思われる

booq Boa flow14

今回、体にフィットさせるために、このように「腰当て」のようなモノが付いた

コレが実に快適。重いモノを入れて背負ってみたが、体にバシッとフィットするのだ。最高だ

booq Boa flow11

内側は当然のメッシュ地なので、通気性も良く、快適に使うことができる。しかも、写っている「右側部分の腰当て」には、チャックが付いていて、鍵、財布など薄いモノ、小さいモノを収納可能だ。スゴい。スゴすぎるぞbooq Boa flow!

booq Boa flow13

本体手前には上下に長い黄色いチャックが付いていて、小物収納に対応する

booq Boa flow15

厚みはそれほど無いが、カード類、財布を入れるには十分だ

カメラ収納スペースの関係で、booq Boa flowではこのポケットが上部に付いている

MacBook Pro 15インチが収納可能なメインポケット

booq Boa flow23

このように、booq Taipan shockよりも大胆に開く仕様になった

booq Boa flow22

ほぼ、一番下まで開くので、「書類」等の出し入れも容易だ

booq Taipan shockは上の部分が横に開くだけだったのだが、booq Boa flowは下までチャックが行く。コレにより、非常に快適にMacBook Pro 15インチや書類へアクセスができるのだ

booq Boa flow21

素材は当然クッション地。衝撃からMacBook Pro 15インチを守ってくれる

後述するが、カメラ収納の関係で、手前ポケットには書類が縦に入りづらくなっている

それを考慮して、ここまでガバッと開くのではないかと想像できる

書類、MacBook Pro 15インチを両方こちらに入れると良いだろう。書類はなるべくクリアファイルに入れてから収納すると良いと感じた

手前ポケット

booq Boa flow24

手前ポケットには、最上段にチャック付きの小ポケット

そして、手前にはiPad用のポケットと小物入れポケットがある

booq Boa flow20

このように、iPad Pro 9.7インチは入るのだが、A4の書類がはみ出る

これは何度も述べたようにデジイチ専用スペースの関係だ。底上げになっていると思えば良いだろう

だから、書類はMacBook Pro 15インチの入るメインポケットに入れよう

booq Boa flow18

手前ポケットをガバッと開けると、見ての通り下の方にカメラ保護の仕切りが見える

コレが底上げとなり、書類がこのポケットに入りづらくなっているというわけだ

booq Boa flow25

何日か使ってわかったのだが、この「カメラ収納しきり」と「手前の白いポケット部分」の間にA4のクリアファイルが入った

入ったのだが、場合に応じた「最終案」だろうと感じた。やはり書類はMacBook Pro 15インチと同じポケットに入れるべきだと思う

カメラ収納ポケット

booq Boa flow16

バッグ最下部に、このような大きなスペースがある

これが「デジイチ専用の収納スペース」だ

コレが素晴らしいし、booq Boa flowの大きな売りである

booq Boa flow17

このように、EOS 70D+キヤノン60mmマクロという状態で余裕で入る。SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSMを付けても余裕で入った(SIGMAの方がレンズがデカい)

このポケット最大の利点は「このポケットにはEOS 70Dしかない」という安心感である

ここにアクセスすると撮影可能。撮影終わったら、ここに収納というシステムができあがるので、booq Taipan shockの場合は、バッグの中をゴソゴソ探して、ケーブルをよけて、よいしょっと取り出すのだが、そういうことが無いのがbooq Boa flowの大きな利点だ

当然だが、このスペースにはEOS 70Dしか入れないので、他の金属製品(例えばHyperJuice)とぶつかって傷が付くこともない。コレも大きな利点だ

非常によく考えて作られたスペースだと思う

まとめ

オススメする人

コレをオススメする人は、「カメラ(デジイチ)を使った外出が多い」という人だろう

専用スペースがあることにより、カメラへのアクセスは素晴らしく良い。しかもbooqならではのオシャレな感じ満載で、所有欲も十分満たせるし、MacBook Pro 15インチも入る。最強だ

注意点

使って思ったのは、「カメラスペースの分、手前ポケットの収納力が少ない」と言うことを理解してから購入するということだ

どうしても、底上げになるので、縦に幅のあって厚みのあるモノは入らないだろう

そうなると、booq Cobra packが候補に挙がるが、コレはもう生産終了らしいので、買うことはできないらしい

カメラを収納しやすくしたため、「カメラ(デジイチ)を使わない」人にとっては、チョット収納がしにくいかもしれないと思った。コレは注意

コンデジオンリーとか、ミラーレスとか、そういう人には私と同じbooq Taipan shockを普通に勧める。その辺、良く考慮して購入して欲しい

booq的に間違いの無い製品だが、用途に応じて使い分ける「MacBookのようなバックパック」として新製品がリリースされたので、自分が使うべきはMacBook Airなのか、MacBook Proなのかを選ぶように、booq Taipan shockなのか、booq Boa flowなのかを決めて欲しい

書類収納は挙げた通り、MacBook Pro 15インチ収納ポケットに入れれば何の問題も無いので、とにかく「デジイチを持ち歩くか」が決め手となるバックパックだ

取材・撮影等が多く、常にデジイチを持ち歩く、でも、バックパックはオシャレな方が良い。MacBook Pro 15インチも使いたい、そんな人にはピッタリのbooqの新作、booq Boa flowをぜひ検討して欲しい!

ん?カメ仙人(当ブログスタッフ・プロカメラマン)購入か?(EOS 70D、MacBook Pro 15インチ所有で、ストライーク

▶️AppBank Storeで、booq Boa flowをチェック!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索