【レビュー】Apple Watch Nike+を3日使ってわかった10のこと〜生活を変える最強のApple Watch〜

Apple Watch Nike+04

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

Apple Watch Nike+を3日使いまくった!そして、わかったことがある。何が、どう最高なのか、なぜ、Apple Watch Nike+は買うべきなのか、それを皆さんのハートにブチ込もうと思う

「いやいや、いらないから」なんてあなた、このレビューを読んだ後、気付いたときは、Apple Watch Nike+を買っているかもしれない。そう、それくらい魅力的なApple Watch Nike+の素晴らしさに迫ってみようか

スポンサーリンク

1 軽い!とにかく軽い!

この間まで使っていた初代Apple Watchは、ステンレススチールケースで、Series 2になると、公式サイトから、重さは52.4gだ。これに対し、アルミニウムケースのApple Watch Nike+は、重さが34.2g

そうだ。全然違う。全く違うのだ。ビックリするくらい違う

Apple Watch Nike+07

とにかく軽く、付けていることを忘れるApple Watch Nike+、アルミニウムケースを選択したのは、様々な理由があると思うのだが、僕はこれほど軽いとは思っていなかった

体感の軽さがステンレススチールケースと全然違うのだ。誰かが言った「軽さは正義」という言葉は本当だった

2 ホワイトのバンドは大正解。マジでカッコよく、そして、さりげない

Apple Watch Nike+10

さりげなく高級感と、スポーティーさを演出するホワイト・シルバーグレーのバンドを僕はチョイスしたが、主張しすぎることも無く、でも、一発でApple Watch Nike+とわかるその存在感のバランスには脱帽

メインはブラックなのだろうが、ホワイトを買って本当に良かったと思う

最初は、バンドを変えて使おうと思っていたが、今はこのバンドでずっと行こうと思えるようになった。それくらい、このバンド、最高だ

なお、当ブログスタッフのうりPもホワイトバンドモデル(38mm)、そして、おこPがブラックバンドモデル(42mm)を購入しているApple Watch Nike+がブログスタッフだけで3台もあることになるが、それだけ魅力的なSmartWatchと言えるだろう

3 Nikeの文字盤がカッコよすぎて泣ける

最初は普通の表示にしていたが、分針が無く、正確な時間がわからなくて、デジタルに戻した僕

そんな僕は、今、Nikeの文字盤を非常に気に入っている

IMG_4965

上下に「時」と「分」が並ぶ、珍しいスタイルだが、3日使ってもう慣れた

今ではこの表示がカッコよくてたまらない

使うまでは「こんなダセー文字盤、誰が使うかよ」とマジで思っていたが、今、僕が絶賛使っている。ああ。そうだ。ヤバい。ヤバすぎるぞ、この文字盤

4 Apple Watch Nike+はアルミニウムケースなので、つや消しだが、コレはコレで趣深い

Apple Watch Nike+14

テカテカツヤツヤだったステンレスモデルもアレはアレで良い

でも、僕はすっかりアルミニウムの、このつや消しの虜だ

カッコよくてたまらないし、絶対、コレ、傷がステンレススチールケースより付きにくいだろう。それだけでも嬉しい仕様だ

ステンレススチールケースを2万追加して出す理由を見つけることができないくらい、僕はつや消しにハマった

5 アプリの高速起動についても十分に実感できるレベル。サクサク起動するのが嬉しい

Apple Watch Nike+06

良く使うカレンダーや、タイマーなど、明らかに起動が速くなっている

当然、watchOS 3の進化もあると思うが、チップの高速化がもたらすモノも大きいだろう

使い勝手は非常に良くなって、そして、軽い。買わない理由が見当たらない

6 やはり、通知は、Apple Watch Nike+で見るに限る

僕の奥さんのあやかぜも、現在初代Apple Watchを使っているが、それほど通知は多くないが便利だという

ファッション性にも優れているし、何より、「電話通知を逃さない」のが嬉しいところだ

僕は、Apple Watch Nike+を買うにあたり、初代Apple Watchを早めに売却したため、かなり、Apple Watchを使わない期間を過ごしたが、やはり「いちいちiPhoneを見る」のは面倒だ

特に、仕事柄、急用で、即対応が必要な連絡が多い僕は、通知を「後でまとめて見る」というのは無理だ。そう考えると、Apple Watchは欠かせないアイテムとなる

通知の少ないあやかぜも、便利に感じている「腕への通知」は、もう、今後、欠かすことのできない必須機能となるだろう

Apple Watch Nike+は、通知だけでは無く、様々な点で初代から進化し、そして、僕の要望を見事に満たしてくれる

7 ガラスは素材が違う。叩くと「コンコン」という感じ

Apple Watch Nike+05

ガラスの素材が、ステンレススチールケースと、アルミニウムケースでは違う

今回、Apple Watch Nike+はアルミニウムケースなので、ガラスの素材が変わったのだが明らかに触り心地が違う

1年半、初代Apple Watchを使ってきて、今回、Apple Watch Nike+にしたわけだが、全然違うと言っておこう

ただ、どっちが良いかは、3日使って、特に「こっちがいい」という結論には至らなかったので、特に問題無く、どちらでも使えると感じた

8 多分見やすい

多分だが、特に、外でランニング、ウォーキングをしているとき、Apple Watch Nike+を見ると見やすい感じがした。気のせいかもしれないが、なんだろう?ギラつきが少ない気がする

ま、この辺はフィーリングによるモノなので、あまり気にしなくても良いかもしれないが、「アレ?見やすい?」と思ったのは確かだ

しかも、1回じゃ無い。複数回、そう思ったので、間違いなく見やすいのだろうと思う。コレは実際に店頭で光に当てて、反射具合等を比べてみて欲しい

9 内蔵のGPSと、内蔵アプリ「Nike Run Club」の連携が素晴らしい

Apple Watch Nike+は、GPS内蔵で、しかも、ランアプリ「Nike Run Club」も内蔵しているので、iPhone無しで、単体で走ることができるのだ

コレが思った以上に良かった

外に出ると、GPSで走った位置がわかるのだが、Apple Watchに元々備わっている心拍数センサーによる心拍数、そして、走るペースや、天候、色々なことが、Apple Watch Nike+だけでわかるのだ

帰ると、自動的に同期して、Nike Run Clubのアプリで、ランログを残していく仕組みで、これも素晴らしい

IMG_4983

このように、ウォーキングをしていると、時間と距離が表示される

IMG_4984

信号等で止まると、ググッと振動があり、そして、一時停止に勝手になるのだ。Apple Watch Nike+だけで、これが出来るのがスゴい

また青信号になり、歩き出すと、軽くググッと振動があり、距離を計測し始める

IMG_4985

終わると、経路が表示され、帰宅後、iPhoneと同期する

後は、Nike Run Clubが自分のペースや距離を登録しながら、色々語りかけてくれる。コレも嬉しい

10 Apple Payが素晴らしすぎる

Apple Watch Series 2から、Apple Watch単体で使えるようになったApple Pay、コレが素晴らしい

使うにはコツがいるが、これはぜひ使った方が良いだろう

IMG_4976

使うときは、サイドボタンを二度押しして、支払いモードにする必要がある

fullsizeoutput_d13

その後、支払用リーダーにApple Watch Series 2を近づけると、勝手に決済。ググッときて終了、素晴らしすぎる

まとめ

3日使ってわかった10個のことをお届けしたが、いかがだっただろうか?

Apple Watch Nike+16

最強に最高のApple Watchと言える「Apple Watch Nike+」は、3日使ってますます僕を虜にした

見た目のかっこよさだけでは無く、機能性や、日常使いの便利さ、全てが桁違い

特に、健康に留意している僕にとって、ランニング、ウォーキングが、iPhone無しで、コレ単体でできるのはとても大きい

通知に縛られること無く、純粋にランニング、ウォーキングに集中できるからだ

健康維持は、40代の僕にはとても大切な事だろう。だからこそ、効率的に、Apple Watch Nike+を使っていくことで情報だけでは無く、通知だけでは無く、自分自身を管理していける、そんなガジェットであると強く感じた

Apple Watch Nike+は、僕の生活を変えるかもしれないと言った

そして、3日使い、3日、ちゃんと走っている、ウォーキングをしている事に気付いた

Apple Watch Nike+は僕の毎日を変えつつある

意識を高く持って、僕はこれからも走ろう、歩こう

そうだ。Apple Watch Nike+と共に

↑Apple Watch Nike+購入のドラマはこちらから!

▶️
▶️
▶️
▶️
をチェック!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索