「これ無しでは生きられなくなる機能」それはSiri?家中のモノを操作可能か?

iOS9-6s-AppleWatch-Siri-PR-PRINT

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

gori.meでも記事が出ていましたが、かみあぷ速報の記事を参照してお送りします

Apple、「Siri SDK」を開発者に提供か?!新デバイスも準備中との噂
Amazonからは「Echo」、Googleからは「Home」。当然、Appleからもこれらの製品群に対抗するデバイスが登場しても不思議ではない。The Informationによると、Appleは「WWDC 2016」にて「Siri SDK」を発表し、開発者向けに「Siri」を開放する可能性があると報じている!

↑gori.meはこちらから

スポンサーリンク

AppleはSiriをサードパーティーに開放し、その機能を組み込んだアプリを開発可能に?

Siriはムチャクチャ使えますが、例えばリマインダーにSiriを使って登録する際、「HeySiri!明日の朝7時に灯油缶を出すのを覚えておいて!」というと、リマインダーに登録されます

ただ、リマインダーでしか使えないんですよ、これ

これがサードパーティーに開放されると、様々なアプリでSiriによる操作ができるようになります。これだけでスゴいと私は思っていますが、Appleはもっとすごいことを考えているみたいです

「これ無しでは生きられない」機能とは、Siriで家中のモノ、家電を操作可能なデバイス?10月登場のMacとリンク?

すでに、gori.meでも紹介されている通り「Amazon Echo」や「Google Home」が発表されています。これと同じようなデバイスをAppleも開発しているというのです

Amazon EchoやGoogle Homeはスピーカーのようなモノで、これに話しかけると、天気や渋滞情報、さらには、家中の家電とつながり、様々な操作が「声」だけで出来るというのです

動画を見て驚いたのは「子供の部屋の電気を付けて」というと、子供の部屋の電気が付き、明るくなるので子供が目覚めるというモノでした

そして、テレビとつながって、子供が不思議に思うようなことを問いかけて、テレビに映し出すというデモもありました

そうです

Apple TVがあるんです。SiriとApple TVが合体して、さらにそれらを司るようなデバイスが今年発表されるかも知れません

g.O.R.iさんは、記事の中で「10月にMacが発売されるのとリンクするのでは?」と述べています。うーむ、どうなるんだろう?

WWDC 2016で発表されるのは、ひょっとして、MacBook Proではなく、この「Siriを用いた、家中をコントロールできるデバイス」なのかも知れません

iPhone、iPadが、iOSの進化により「家中の家電を管理できる端末」としてSiriの進化とコラボか?

ティム・クックはテレビの取材で、「誰もが買い換えたくなるiPhone」を今年発表すると言いました

そして、この記事により、Siriの進化と新たなるデバイスが、iPhoneを「新しい価値を持つデバイス」に変えるかもしれませんね

果たしてどうなるのか。

WWDC 2016はひょっとすると大変なことになるかも知れませんね

そうなると、10月にMacBook Proが発売されても、我慢できそうな気がします(僕は買わないけど。たぶん)

なんだか、ワクワクしてきましたね。果たして、Appleの次の一手は?6月に期待しましょう!

(via かみあぷ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索