長期連載9「マネさんのお役立ち情報〜ガラケーからiPhone 6へ・ドコモショップ同行からの部長の設定編〜」

前回の記事にある通り、マネさんは、かなり慎重に検討を重ねた結果、ガラケーからiPhone 6への機種変更を決めた

長期連載5「マネさんのお役立ち情報〜ガラケーからiPhone 6へ・序章〜」
長期連載5「マネさんのお役立ち情報〜ガラケーからiPhone 6へ・序章〜」
部長ナビです。 いつだって、伝説というのは「突然」にやってくるものです。 今回、まさかの機種変更となりました「マネさん」ですが、通常...

マネさんが、iPhone 6に機種変更する条件として「ドコモショップに部長同行」「設定はすべて部長」というモノがあった

ワタシは当然それを快諾し、iPhone仲間が増えることに喜びを感じていた

まずはドコモショップ同行

とりあえず、8月22日、ワタシはドコモショップに向かった。マネさんとお子さんが来ていたが、一緒にドコモショップに入った

お子さんがいて、私がいるので、たぶん、ショップの店員さんは「家族で来た」と思ったのだろう

まさか、高校のバスケ部の同級生が、アドバイザーとして付いてくるとは考えもしないだろう。異常である(笑)

しかし、ワタシとマネさんは、相当メールで打ち合わせをしていた(マネさんはガラケーだったので、docomoメールで打ち合わせした)

カケホーダイの料金、データパックのプラン、docomoのアプリが大量にインストールされる等、全ての打ち合わせが終わった状態でのドコモショップだったので、実際の所、ワタシの役目は「子供と遊ぶ」という、普通の「子守」であったことをお伝えしよう

すなわち、全くスマホに知識が無い女子であっても、ある程度知識のある人(変態)と事前に相当打ち合わせをすることによって、ドコモショップでも結構スムーズに契約ができるのだ。

マネさんの行ったドコモショップでは、オプションアプリインストールが無かった

これが驚いたのだが、マネさんのマイショップであるドコモショップでは、様々なドコモ製のアプリのインストールが一切無かった

ワタシが契約した時は、キャンペーンのタイミングも合ったのかもしれないが、相当たくさんのアプリを「1ヶ月無料だから」と言うことでインストールしなければならなかった。その分、かなり端末代は安くなったのだが、逆にマネさんは、そういうキャンペーンの該当にならなかったので、だから、アプリのインストールが無かったのかもしれない

ワタシは、自分で、無料期間中にアプリ、サービスの契約をMydocomoから一つ一つ解約したのだが、内容によっては結構大変なモノもある。これをマネさんに一人でやらせるのはちょっと酷かなと思って同行したのだが、全くそういうことが無かった。キャンペーンとドコモ製のアプリのインストールは連動しているのかもしれない。キャリアのショップでちゃんと確認すべきと思った

AppleCareとドコモケータイ保証は「違い」を良く聞いた方が良い

この記事でも紹介したが、AppleCareとドコモケータイ保証と、iPhoneの保証は2つある

【どうする】AppleCare+にするか、キャリアの保証にするか、悩むぜ!比較表が見やすいぞ!【engadget】
【どうする】AppleCare+にするか、キャリアの保証にするか、悩むぜ!比較表が見やすいぞ!【engadget】
今日も気になるニュースをお届けします!部長ナビです! engadgetから、面白いニュースを見つけました! さて...

ワタシは、理由はあまり覚えていないのだが、ドコモケータイ保証に入っている。iPhone 6s Plusでも、同様に入る予定だ

マネさんは、最初、AppleCareが良いといっていた気がするが、ドコモショップの店員さんの話を聞いて、ドコモケータイ保証に入ることを決めた

これは、金額だけでは無く、保証内容もしっかり聞いてから決めた方が良い

「やっぱりこっちに変えます」というのが、確かで気無かったような気がするので、そこも含めて、契約時に、ちゃんと聞いた方が良い。人によって求める保証内容は違うので、ここでは「こっちが良い」と言う事は書かない。上の過去記事も参考にして欲しい。

AppleID設定、docomoメール設定は何とショップではやってくれなかった

ワタシとマネさんの契約方法は微妙に違う

ワタシは、事前にSIMフリーでiPhone 5sを購入し、連絡帳もnexus5から移行、アプリも普通に使い、OCNモバイルONEで運用していた。当然、AppleIDもあるし、iPhoneを使っている状態で、docomo契約のガラケーをiPhone 6に機種変更したのだ。

だから、AppleIDもそうだが、色々な設定をドコモショップがやってくれた。かなり待たされたが、契約後は、店を出て、すぐに使える状態だった。

マネさんは、初めてのiPhone 6なので、まず、AppleIDが無い。そこからだが、それは冊子を見ながら自分で設定をしなければならなかった。これが驚きだ。

Androidからの移行組でも、この作業は結構大変だと思う。

簡単なポイントを載せておくので、参考にして欲しい

マネさん宅で、iPhone 6の設定に入る!

マネさん11

これが、マネさんの契約した、iPhone 6、ゴールド、64Gである。残念ながら、この色はもう契約することができない。現在、iPhone 6は旧型となり、シルバーとスペースグレイしか色が選べなくなっている。ゴールドは、iPhone 6sシリーズでしか選べなくなったのだ。

見ての通り、まだフィルムが貼ってある。新品状態だ

マネさん13

まっさらなiPhone 6を、ワタシのiWood6付きのiPhone 6と並べた。やはりゴールドは美しい

マネさん12

表はそれほど変わらないが、iWood6の薄さがよくわかると思う

【企業コラボ】MINIOT木製iPhone6ケース「iWood6」レビュー
【企業コラボ】MINIOT木製iPhone6ケース「iWood6」レビュー
「株式会社KODAWARI公認レビュワー」の部長ナビです。 今回は、マジでヤバい。最終兵器並のものになります。本当にヤバいです ...

iWood6に関しては、こちらの過去記事も参照して欲しい!

無線LANを設定!

マネさん14

マネさんには、ウチで余っていた、無線LANルータWZR-900DHP2を貸すことになった。

隣の白いのが、インターネットの親分である。ここから、黒いWZR-900DHP2に線をつなぎ、無線LAN環境を構築する。と言っても、つなぐだけだが・・・。

これで、iPhone 6を起動し、言語を設定して、Wi-Fiでつなぐ。Wi-Fiは「A」と「G」が選べると思うのだが、「A」の方が早いというイメージで間違いないと思う。よくわからない時は、とりあえず、無線LANルータを買ったら、「A」でつなごう

WZR-900DHP2の上に、細長い紙が乗っているのがわかると思うが、これに無線でつなぐ時のパスワードが書いてある。これは、本体に突っ込んで保存できるので、絶対に無くさないようにしよう

AppleIDを設定!

AppleIDは、まず、IDを設定するのだが、これは人による。

ワタシは、GmailのアドレスでIDを設定した。

マネさんは、Gmailのアドレスを持っていなかったので、iCloudのアドレスを作って、それをAppleIDにした。

ちなみに、ウチの息子達も、Gmailのアドレスが無いので、マー坊はマー坊のiCloudのアドレスで、ゆっきーはゆっきーのiCloudのアドレスでAppleIDを作った。

iCloudのアドレスは、ずっと使うと思うので、わかりやすいものにした方が良いと思う。

@iCloud.comと言うアドレスなので、@より前は、携帯とか、Gmailとかと同じで良いかもしれない

次に、秘密の質問の設定があるが、これは、メモするか、Evernoteなどのアプリに保存しておいた方が良い。絶対に忘れる。

さらに、パスワードの設定があるが、ここでのポイントは、Googleのアカウントには無い「大文字必須」ということである。例えば、「abcd1234」というのはダメだ。一文字、大文字にしないとパスワード設定できないので「Abcd1234」みたいに、分かりやすく覚えやすい、でも、人にはわからないように、大文字を入れる必要がある。これがポイントなので覚えておいて欲しい

後は、TouchIDの設定とか、色々細かい設定があるが、紙に詳しく書いているので、最初のIDをiCloudにするかどうかと、パスワード、秘密の質問の記録がわかっていれば問題無いだろう

docomoメールはプロファイルのインストールが必要

これは、実際にやり方が紙に書いてあるので、それを参照すれば、たぶんできると思う。

プロファイルというモノをインストールしないと、メールできないので覚えておこう

メールアプリとメッセージアプリの違い

メールは、docomoメールに代表される、普通のメールのやり取りをするためのアプリである

これに対して、メッセージというアプリがあるが、見た目はLINEのようなトーク形式で履歴が残って非常に見やすい

が、docomoは、docomoメールがこのメッセージアプリに対応していないため、auとソフトバンクは、キャリアメールをメッセージアプリで送受信できるらしいが、docomoは出来ない

じゃ、何に使うかというと、大きく分けて2つある

1つは、「iPhone同士のメッセージのやり取り」である。iPhone同士のやり取りは、電話番号さえわかれば、メッセージアプリを使って無料でやり取りが出来る。メールアドレス聞いて、メールアプリでやるより全然良い。

2つめは、「SMS」である。メールアプリではSMSはできないので、メッセージアプリで、相手の電話番号を使ってSMSを送る。アドレスがわからず、iPhoneでも無く、電話番号しかわからない相手には、メッセージアプリを使ってSMSを送れるのだ。覚えておこう!

フリックはLINEで練習しよう!

最初はフリックに戸惑うと思うが、LINEで練習するとだいぶ早くなるので、LINEで練習しよう。

Facebookやってる人はMessengerでも良い。とにかく、トークアプリで友達と練習しよう。

気付くと、iPad、Macを買ってると思うが、気にしない

Appleデバイスは、連携が一番の魅力なので、気付くと「家族全員iPhone」とか、「iPad、Macのオールスター勢揃い」ということが不思議と起きている。

が、これは気にする必要は無い。当たり前のことであって、変態でも何でも無い。

変態というのは「買う必要が無いのに、正当化してiPad mini 4とiPhone 6sを同時に予約するたけP」みたいなことを言うのだ

もしくは、「iPad Proを買うと言っているのに、たけPのレビュー記事を読んで、iPad mini 4を本気で悩んでいるひこP(しかも、miniはすでに持ってる)」も変態である

まあ、ワタシも当然変態だが、普通にAppleデバイスを揃えるのは、決して変態では無いので、安心して買って欲しい

最後に

iPhoneは、AirDropや、ファミリー共有、フォトストリームなど、非常に使える機能が満載である。アプリの秀逸なモノが多く、実際に使っていてとても便利なスマートフォンであることは間違いない。

人によっては、Googleのアプリの関係でAndroidや、Windowsタブレットを選択する人もいるかと思うが、もし、これからガラケーからの買い換えを考えるのであれば、iPhoneという選択肢を頭の片隅に残してもらえればと思う。

ブロガーじゃ無くても、十分に満足できるiPhone、ぜひ、アナタも手にとって欲しい

マネさんの素敵なiPhone生活が充実していくことを心から祈って、設定編を終わりとしたい

マネさん10

ゴールド、良いよね。iPhone最高!

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索